次回企画展の予定

2018年春、第6回目の企画展を予定しております。

2015年、記念すべきオープン第1回目の企画展として「Alvar Aalto | furniture 展」を開催いたしました。 その後、第5回まで回を重ねオープンから3年を迎える2018年春、再びアアルトに焦点をあてます。

半世紀以上も前にアルヴァとアイノ、2人の ”アアルト” が世に送り出した家具やプロダクトは、幾多の所有者の手を渡りながら時代や国も超えて存在しています。 それらを見ていると、モノが ”自身の在るべき姿” を示してくれているような感覚を覚えます。

誕生した瞬間から、経年変化していくという ”宿命” を背負ったモノたち。様々な暮らしとともに時を経てきたそれらは、人とともに長い時を歩み、ひとつひとつがまるで人格を持った同居者のように ”独自の物語” の記憶を内包しています。

この企画展では、1930〜1950年代にかけて製造されたアルヴァ・アアルトの家具、また妻であるアイノ・アアルトの家具やガラス等を取り揃えて展示販売いたします。